トップページ >> 会社案内
FileMakerによるシステム開発で28年 ネビュラ株式會社


nebuLa (ネビュラ)は、星雲・天体といった意味があり、オリオン星雲は英語では、ORION NEBULA (オリオンネビュラ) と言います。
また、アメリカの権威あるSF作家に贈られる賞でネビュラ賞やヒューゴ賞というものもあります。日本では、芥川賞や直木賞のようなものでしょうか。

将来的には宇宙開発に関わったシステムも作りたい、そういった願いも込められた社名です。


会社概要
商号
ネビュラ株式會社( 英語表記 nebuLa Inc.)
設立
1993年(平成5年)10月1日
資本金
1,000万円
主な業務内容
FileMakerによる業務管理システム開発及び業務改善支援
本社所在地
〒430-0901 静岡県浜松市中区曳馬1-6-17 ネビュラプレイス
本社電話番号
053-478-4155
本社FAX番号
053-478-4156
東京オフィス
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-8-17 新槇町ビル6F
電話:03-6262-6923
メールアドレス
info@nebuLa.jp
取引銀行
静岡銀行
浜松いわた信用金庫
スタッフ(2021年現在)
10名 (契約社員含む)
事業内容
・FileMaker プラットフォームによる業務管理システム開発
  販売管理システム
  顧客管理システム
  生産管理システム
  POSレジシステム
  Webデータベースシステム
  iPad、iPhoneシステム
・FileMaker ソフトウェア ライセンス販売
・業務改革・改善支援コンサルティング
  リーンマネージメント
  現場の見える化
営業エリア
日本全国
海外(中国、東南アジア諸国)
代表 松本健吾 略歴
国立静岡大学工業短期大学部中退後、富士通電算機専門学院にて
プログラミングの基礎を学ぶ(COBOL、FORTRAN、アセンブラ)

汎用機COBOL、MS-DOSのdBase等で主に生産管理システムを開発
それまで7年程勤めていた中堅ソフトハウスを円満退社し、カナダに語学留学、帰国後ネビュラ有限會社(現ネビュラ株式會社)を設立

MacのFileMakerPro2でファイルメーカーを初めて使う
FileMakerPro3から本格的にファイルメーカーでの業務管理システム開発をはじめ、現在に至る
趣味は40年程やっている波乗り、スポーツジム通い、おやじバンド(昭和歌謡)カラオケ、北京語を少々
アクセスマップ



経験豊富な開発者がお客様の必要とするソリューションをお届け致します。
安心してお任せください。

FileMaker、ファイルメーカーは、米国およびその他の国々で登録されたClaris international Inc.の商標です。